シャンプー抜け毛対策

正しいシャンプー方法

毎日の習慣の一つにシャンプーがありますが、正しい方法でシャンプーをしている人は稀だと思います。確かに決められたことを毎日するのはめんどくさいことですが、それが抜け毛の原因になっているとしたらどうしますか?

 

たかがシャンプーですが正しい方法を実践することで抜け毛を防ぐことができるかも知れません。

 

それではさっそく・・・・

 

1 シャンプー前に良くブラッシングをする

 

シャンプー前の準備です。ブラシで良く髪の毛や頭皮をブラッシングしてあげることで、その日の汚れが浮きプレシャン(シャンプー前の洗い流し)で8割汚れが落ちます。またこのときクレンジングオイルなどがあればクレンジングをしても良いでしょう。

 

2 良く洗うプレシャン

 

38度から40度くらいのシャワーで良く髪の毛をすすぎます。このとき8割程度の汚れが落ちます。この洗い流しがしっかりできていれば、シャンプー剤を余計に使わなくても良いのです。

 

3 良く泡立てる

 

シャンプーを髪の長さに応じて手に取ります。ポンプ式だとショートでワンプッシュ、ミディアムで2から3プッシュ、ロングで4から5プッシュ程度。それを掌である程度泡立て、髪にまんべんなくつけさらに泡立てます。1か所にシャンプー剤が集中しないようにしましょう。

 

4 頭皮をマッサージシャンプー

 

頭部全体にシャンプー剤が泡立ったら、指の腹を使い頭部をマッサージするように緊張した頭皮をもみほぐしていきます。爪を使ってガシガシするのはNG。優しく頭皮マッサージをするようにシャンプーします。

 

5 良く洗い流す(一番重要)

 

この項目が一番重要なのですが、シャンプー剤はしっかり洗い流します。3分から5分かけても良いくらいです。それくらい念入りに洗い流してください。頭皮にシャンプー剤の成分が残っていると炎症や抜け毛の悪化につながって頭皮が大惨事になってしまいます。

 

6 良く乾かす

 

よくタオルドライをしたらドライヤーを使って乾かします。自然乾燥は頭部の雑菌の繁殖になる可能性や髪の水分がなくなりすぎになります。自然乾燥している人ほど髪のダメージが高いです。でもドライヤーを使えば髪に必要な水分は程よく残るので、ドライにはドライヤーをオススメします。

 

7 アフターケア

 

できれば育毛剤を使って頭皮マッサージをしたほうが良いでしょう。特に抜け毛を発症しているのならばやっておいて損はありません。

 

まとめ

 

このようにシャンプーには正しい順番や方法があります。できるだけこれに近い形で毎日シャンプーをしてあげることが好ましいのですが、でもめんどくさいというのであれば、シャンプー時の爪を立てないことと、シャンプー剤を洗い流すときの時間をかけてしっかり洗い流すことだけは意識したほうが良いでしょう。