シャンプー抜け毛対策

シャンプーで抜け毛を防ぐ方法

意外と知らないトリートメント・コンディショナー・リンスの違い

 

突然ですがあなたはシャンプー後トリートメント、コンディショナー、リンスのどっちを使っていますか?
その違いって何かわかりますか?

 

今回はそんなトリートメントやコンディショナー、リンスの違いをご紹介します。ちなみに抜け毛とどう関係があるのかというと、それもおいおいお話ししますね!

 

トリートメント

 

トリートメントは髪の毛の中に浸透し髪の成分を補給する役割があります。そのため髪の外側のコーティング力はあまりありません。つまりトリートメントで手触りが良くなることは本来ないのです。しかし最近のトリートメントはシリコンなどコーティング力のあるものが含まれているものが多くあります。それが手触りを良くするのですが、正直シリコンは形状が大き目の成分なためこれが含まれると髪の内部へトリートメント成分が浸透しないのでは?と思っています。

 

リンス

 

コンディショナーの前にリンスについて先に説明しますね。リンスは髪の表面をコートするコーティング剤の役割を果たします。髪の手触り重視に作られているため、髪の中への栄養分は補給されません。髪の中へも栄養を取り入れたいのであれば、トリートメントをした後にリンスという順番で塗布すると良いでしょう。

 

ちなみにリンスはコーティング力が高いです。つまりそれには大き目のシリコンが使われており地肌にベタベタ塗ると頭皮汚れの原因になったり毛根を抑えてしまい、抜け毛の原因となります。ですからリンスを使う場合は髪の中間から毛先にかけて塗布するように心がけてください。

 

コンディショナー

 

最後になりましたがコンディショナーはちょうどトリートメントとリンスの中間に位置するものです。髪の成分も補給し手触りもよくなります。でも、トリートメントを単体、リンスを単体で使うほどの効果はありません。言ってしまえばリンスインシャンプーのようなものです。リンスインシャンプーも洗い上がりはあまりさっぱり感がなく、さらに手触りもあまりよくないですよね?私の経験ではそんな感じがします。ですから割と中途半端な作用しかもたらしてくれないかもしれません。

 

ちなみに・・・・

 

美容院でトリートメントをしてもらうとき数種類髪にトリートメントをつけてもらうと思うのですが、あれってトリートメントの分子量の小さい順につけていき、最後にコーティング剤をつけているのです。それを熱なりミストなりで加温して髪の内部まで浸透させます。そのため美容院でトリートメントをするとサラサラしっとりになるのです。

 

ここまで話していて何なんですけど・・・・抜け毛を発症しているときはトリートメントやコンディショナー、リンスは休憩しても良いです。こういったヘアケアよりも頭皮ケアの方に力を注いでください。抜け毛がおさまったらまた、ヘアケアに戻してあげると良いかも知れません。

 

なぜトリートメントなどをやめるかというと、必ず地肌にトリートメント、コンディショナー、リンスなどの成分が付着してしまうからです。それは育毛剤などの浸透の妨げになるのでやめた方が良いでしょう。