シャンプー抜け毛対策

シャンプーと関わり深い頭皮マッサージ

さて抜け毛対策といえば頭皮マッサージや指圧、ツボ押しなどを思い浮かべる方も多いと思います。これら頭皮マッサージは確かに抜け毛に有効です。

 

なぜ有効なのか一言でいうと「血行が良くなる」これにつきます。

 

髪の毛は頭皮の中にある毛細血管の血液から栄養や酸素を吸収し成長します。その血液の中には髪の毛の成長に必要なたんぱく質、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。それらが合成することで髪の毛が細胞分裂を繰り返し長く成長していきます。

 

また血液からは性ホルモン、男性ならば男性ホルモン、女性ならば女性ホルモンが多く伝達されます。この性ホルモンも髪の毛の成長には欠かせない物質。特に女性の女性ホルモンのひとつエストロゲンは毛根にあるバジル細胞に作用し髪のヘアサイクルに影響します。

 

男性の場合は残念ながら男性ホルモンが5アルファリダクターゼ還元酵素と結合することで男性型脱毛症のジヒドロテストステロンが作用する可能性があり、男性型脱毛症を発症するリスクがあります。

 

しかし血行不良になることで余計に薄毛を悪化させてしまうので血行は良いほうがいいです。

 

さて前置きが長くなりましたが、

 

具体的にどのように頭皮マッサージをすると効果的なのか?

 

を解説します。

 

1 頭部のツボを押さえる

 

頭部のツボというのは自律神経に作用する箇所が多くあります。頭頂部にある百会(ひゃくえ)、前髪から指二本後ろあたりにある神庭(しんてい)百会と神庭の真ん中の左右にある通天、こめかみよりも下にある曲ひん(きょくひん)、耳上にある和りょう(わりょう)などをしあつすることで自律神経が整います。自律神経は血行や性ホルモンの分泌をコントロールする箇所なのでその部分を指圧すると血行促進につながります。

 

2 頭皮が柔らかくなる

 

抜け毛や薄毛を発症している人の特徴として頭皮が固いことがいえます。頭皮が硬くなると毛根が小さくなり頭皮への固着率が下がってしまい抜けやすい弱い髪の毛になります。それを防ぐには頭皮マッサージをして地肌が動くくらい柔らかい状態にしてあげることが大切です。

 

次に

 

頭皮マッサージをするときに気を付けたいことやいつ頭皮マッサージをしたらよいのか?

 

について

 

1 頭皮マッサージは指の腹で

 

頭皮マッサージは指先ではなく指の柔らかい腹の部分で行います。爪を立てたりすると地肌自体がダメージし抜け毛の原因となります。指の腹でやさしく頭皮をもみほぐしたり、指圧していきます。

 

2 頭皮マッサージはお風呂中やシャンプー後の乾かすとき

 

頭皮マッサージをするときに効果的なのが頭皮や体が温まっているときです。例えばお風呂につかっていたり、お風呂が終わりそうな時に温まった頭皮をさらにマッサージでもみほぐすことで、地肌が柔らかくなりやすいです。また熱を持っているときは血行も促進されやすいので、そのタイミングを逃さないようにします。

 

3 育毛剤と併用

 

育毛剤と合わせて頭皮マッサージをすると最大の効果を得られます。温まった頭皮に育毛剤の線分をつけ頭皮マッサージをすると頭皮が柔らかくなりさらに育毛剤の成分が毛根の奥まで浸透します。

 

まとめ

 

このように頭皮マッサージはシャンプー時に一緒にしてあげると良いです。特に育毛剤と合わせて行うことで高い育毛効果が期待できます。