シャンプー抜け毛対策

シャンプーに気を付けるのも良いが育毛剤で積極たいな育毛も大切

シャンプーを気を付けると確かに抜け毛や薄毛予防にはなります。でもこれって薄毛を発症していないことが前提なんですね。

 

もしあなたが薄毛を発症しているなら、もうすでにシャンプーを気を付けるだけでは手遅れです。

 

この場合積極的な育毛がひつようになりますが、その時に使うものが育毛剤の使用です。

 

育毛剤には頭皮環境を髪の毛の生えやすい環境、髪の毛の抜けにくい環境に整えます。

 

育毛剤が薄毛を改善させる

 

積極的な育毛には育毛剤の使用が大切です。特に女性の薄毛は男性のように全く髪が消失してしまうことがないため、女性用育毛剤を早い段階で使い始めていけば改善が期待できます。

 

どのような改善がみられるのかというと、

 

1 髪が太くなる

 

女性用育毛剤には豊富な栄養素がたくさん含まれます。

 

そのなかでも女性ホルモンの代用成分として使われるイソフラボンには大きな期待ができます。

 

また血行促進作用やビタミン類などの栄養素も豊富です。

 

2 髪のダメージがなくなる

 

育毛剤には保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸が含まれており、それらは髪の保湿力を大きく高めます。保湿された髪はダメージがしづらくなります。

 

3 加齢によるうねりがなくなる

 

加齢による髪のうねりは頭皮がたるみ毛穴が歪んでしまうからです。毛穴がたるむことで髪の形状がいびつになりうねりやくせ毛になります。また頭皮たるみはお顔のたるみ、シワなどの原因になります。

 

4 パーマが綺麗にかかる

 

女性用育毛剤によって根本的に髪が元気になるのでダメージも少なくなり、パーマのかかりも綺麗になります。またコテやアイロンでヘアアレンジをする方は髪に形が付きやすくなります。そしてプルンとした触り心地の髪質に変化します。

 

5 カラーリングの発色がよくなる

 

上記と同じように髪のダメージが少なくなるのでカラーリングの発色やカラーの色もちが劇的に変わります。(いい方向に)

 

6 白髪が減る

 

これに関してはプラシーボ効果もありますが、実際私の勤める美容室の女性は育毛剤を毎日使うことで白髪が少し減った気がすると言ってました。

 

確かに直接育毛成分を頭皮に吸収させることでメラノサイトのメラニン色素生成力が向上するのかもしれません。

 

まとめ

 

シャンプーを気を付けるのは大前提で、そのうえで薄毛を発症している人は積極的に育毛剤を使っての育毛を推奨します。

 

そうすることで抜け毛が減りフサフサな髪質に戻すことができるかもしれません。

 

シャンプーと一緒に使える育毛剤はこちらが参考になります。

 

ちなみにこの育毛剤によるパーマのダレやカラーの色落ちがきになるところですが、上記の参考サイトの育毛剤は色落ちのリスクやパーマのダレの原因にはあまり当てはまりません。

 

女性用育毛剤をもっと詳しく知りたいならこちらも参考になります。

 

マイナチュレ育毛剤で積極的な育毛